九州での運輸・運送は、株式会社アイエヌライン

安全への取り組み

教育カリキュラム-教育2

教育カリキュラムの充実

ドライブレコーダーを用いての危険予知トレーニングや各種講演会、PCDAを活用した教育システム、災害発生時に備え交通対策訓練、ナスバネットを介した適性診断などを行っています。

安全ツールの活用-ドライブレコーダー2

安全ツールの活用

安全に運転を行えるよう、アルコールチェックを行うアルキラーやドライブレコーダー、デジタルタコグラフ、インターロックシステム、GPSを搭載しています。

運輸安全マネジメント-人1

運輸マネジメント活動

毎年1月に運輸安全マネジメント活動総決起大会を開催し、「どうすれば、目標を達成出来るのか」を考え、チームミーティング、全体会議を通じ、意見交換しています。

労働災害発生状況

年度 死亡 休業4日以上 休業4日未満
29 0 0 0 0

Multi Language »