安全ツールの活用

  • HOME
  • 安全ツールの活用

アルキラー(アルコールチェッカー)

スマートフォンの機能を活用したアルキラー(アルコールチェッカー)を使用しています。「いつ・どこで・誰が」検知をしたのか一目瞭然で、管理用PCに各地にいるドライバーから検知結果がメールで自動送信されます。スマートフォンのカメラで撮影しながらアルコールチェックを行うため、ドライバーの表情や顔色も確認することができます。

安全ツールの活用-アルキラー

ドライブレコーダー

当社では、全ての車両にドライブレコーダーを搭載しています。ドライブレコーダーは、事故が起きた瞬間の前後を自動録画する装置で、事故の発生状況と原因を動画で録画します。これにより運転者は、自分の運転を客観的に捉えることが可能になり、より安全性の高い運転ができるようになります。万が一の際も自己の記録をパソコンに保存し、正確な分析が可能となります。また、動画とともに、ウィンカー・ブレーキなどの当時の運転状況のデータが解り、ヒヤリハット時の運転状況が一目瞭然です。

安全ツールの活用-ドライブレコーダー2

デジタルタコグラフ

当社では、全ての車両にデジタルタコグラフを搭載しています。デジタルタコグラフは、運行時間中の走行速度などの変化をグラフ化することでその車両の稼動状況を把握できるようにした計器です。これにより運行管理者は、速度や運転時間を分析することで速度超過や無理な長時間運転の防止のための適切な指導が行えるようになります。道路運送車両法に基づく道路運送車両の保安基準には「運行記録計」という名称で、装着を義務づけた車両の種類や、形式認定を受けた機器を使用する旨などが規定されています。

安全ツールの活用-デジタコ1

インターロックシステム

当社では、全ての車両にインターロック機能を搭載し安全管理に勤めておりますインターロックシステムは、車両の安全管理のためのシステムで、車両のウイングがきちんとロックできていないとエンジンが始動できないようになります。インターロックシステムによりウイングを開けたままでの走行が出来ないので、積み下ろしの際起こりやすい車輌上部の思わぬ事故を未然に防ぎます。

安全ツールの活用-インターロックシステム1

GPS(全地球測位システム)

当社では、全ての車両にGPSを搭載しており、現在の運行状況を確認することが可能となっています。これにより、瞬時にしてお客様の大切なお荷物、自社車両の把握、報告が可能となり、交通渋滞や天災等を回避し到着時刻を遅らせないよう適確な車両への指示が可能です。さらにお客様からの合積み依頼の場合、お客様から一番近い車両を確認し対応することが可能です。

安全ツールの活用-GPS