九州での運輸・運送は、株式会社アイエヌライン

車両の安全性能

安全性能

危険な状況の察知から、早めの警告、万一の被害軽減まで。
日野ならではの全方位からの追求が、安全への信頼をより高めます。


写真は機能説明のために各ランプを点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。各ディスプレイ画面はハメ込み合成です。■写真は合成です。

日野プロフィアでは、最先端の衝突被害軽減ブレーキシステムPCSが新たに衝突回避支援機能を搭載して進化。また、「ドライバーモニター」「車線逸脱警報」など前方不注意を警告する各種装置はすべて標準装備に。さらに、パッシブセーフティやドライバー教育にいたるまで幅広い対応を実施。
日野は安全のあらゆるフィールドにおいて、細心かつ真摯なセーフティの追求を行っています。

※全てのシステム・装備は安全運転を支援、サポートするための装置です。必ずしも事故を防止するものではありません。

「いのちを守る、経営を守る。トラックへ求めるのは、何よりも安心・安全。」
日野プロフィアは、その声に応えます。

PCS(衝突被害軽減ブレーキシステム)の進化を核に、一段と安全性能を磨き抜いた日野プロフィア。輸送ビジネスの安心・安全が改めて注目される今、日野は、最先端を行くアクティブセーフティの充実でより大きな安心と信頼性を追求しました。


写真はFR1EXEG(撮影用特別仕様車)■写真は合成です。

※“PCS”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。


衝突回避を支援する機能を搭載して、先進のシステムがいっそう進化※1
PCS※2(プリクラッシュセーフティ)[衝突被害軽減ブレーキシステム]

衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するPCSに新しく衝突回避を支援する機能を搭載しました。走行中、ミリ波レー ダーが低速で走行する先行車を検知・分析。追突の恐れがあると早いタイミングでフル制動し、衝突回避のサポートを行います。また、各種警報システムの精度 アップや標準装備化も実施。PCS機能との連携強化を図りました。

<PCSの主な機能>
【衝突被害軽減機能】
  • 追突の恐れがあると警報やブレーキ作動で注意。危険が高まるとより強力に制動。
  • 衝突後も制動を継続し被害を軽減。
  • ストップランプ、ハザードランプの点滅で2次被害防止を支援。
【衝突回避支援機能】
  • 前方の低速走行の先行車を検知し、追突の恐れがあると警報やブレーキ作動で注意。より危険が高まると早いタイミングで強いブレーキが作動。
【警報システムなどとの連携】
  • ドライバーの顔をとらえ前方不注意状態へ警報を出す「ドライバーモニター」を精度アップし標準装備。
  • 「車両ふらつき警報」や「スキャニングクルーズⅡ」も標準装備。
  • 正面衝突防止に貢献する対向車検知機能を搭載。
  • ※1 新システムは2014年11月から適用される「衝突被害軽減ブレーキの新基準」に適合しています。
  • ※2 “PCS”“ VSC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
  • *PCSはドライバーの安全運転を支援するシステムです。完全に衝突を回避するものではありません。


車線からの逸脱をより高精度に検知し、警告。
車線逸脱警報※3

車線からの逸脱を画像センサーがとらえ、警報によってドライバーの注意を喚起するシステム。画像センサーの解像度アップによって白線の認識精度が向上、より正確に車線逸脱を検出できるようになりました。

  • ※3 2015年8月から適用される「車線逸脱警報装置(LDWS)の保安基準」に適合しています。
  • *走行状態によっては作動しない場合があります。


ドライバーの状態を検出する精度がさらに向上。
ドライバーモニター

走行中のドライバーの顔の方向や眼の状態をモニターカメラが常時確認。前方注意力不足の検出時には警報音で警告。さらに衝突の可能性が高まるとPCSが早期に作動します。カメラ精度の向上で太陽光やサングラス着用の影響下でもより正確な検出が可能となりました。

※ドライバーモニターはドライバーの状況によっては作動しない場合があります。

※この製品には、OSS(Open Source Software)を利用したソフトウェアが搭載されています。OSSライセンスに従い、以下のウェブサイトでは、製品販売後少なくとも3年間は、それらのソフトウェアのライセンス情報を提供します。
>HINO Open Source Software Websiteはこちら


不安定な運転を警告。
車両ふらつき警報

ハンドル操作のふらつき具合の増大を検知すると警報を出し、ドライバーの注意を喚起します。警報が続くとPCSの作動を早めます。

※走行状態によっては作動しない場合があります。


雪路などの滑りやすい路面での危険回避操作をサポート。
VSC※2[車両安定制御システム]VSC=Vehicle Stability Control

カーブでの車線のはみ出しや横転などを抑制するため、警報音やエンジンの出力制御、ブレーキ作動により、ドライバーの危険回避操作をサポートします。

  • ※2 “PCS”“ VSC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
  • *VSCはドライバーの安全運転を支援するシステムです。車両の横転、スピン等を完全に防止するものではありません。


ワイドな右側視界の確保に貢献。
運転席右側アンダーミラー(熱線ヒーター付)

運転席の右側にアンダーミラーを設定し右折時など、右後側方に対する視認性をサポート。並走する自転車などの早期発見に役立ちます。また、右サイドミラーの設置位置の最適化により、右ピラー間との直接視界確保に貢献しています。


万一の際に被害を最小限に。
FUP/RUP(フロント/リヤアンダーランプロテクター)

乗用車との衝突時、乗用車が車体の下に潜り込むのを抑制するアンダーランプロテクターをフロントとリヤに標準装備しています。

※FUP/RUPは乗用車などの相手車両が、トラック前部または後部に潜り込むことを完全に防止するものではありません。

衝突したとき
衝突安全性を高めるさまざまな機構を装備。
イージスキャブ

高剛性キャブをはじめ、ドアビーム、SRSエアバッグ、衝撃吸収機能付ステアリング、可倒式ステアリングコラム、プリテンショナー付シートベルトなどの衝突安全性を高める機構を備えたキャビンの総称です。

※SRSエアバッグは、シートベルトを補助する乗員保護装置です。安全のためには正しい姿勢で正しくシートベルトを着用することが前提となります。エアバッグは衝突時の衝撃が弱い場合、追突された時、横転時などの条件下では作動しません。

労働災害発生状況

年度 死亡 休業4日以上 休業4日未満
29 0 0 0 0

Multi Language »